KDGの特徴

職業実践専門課程

専門学校 九州デザイナー学院はデザイン分野の総合校であり、「職業実践専門課程」として文部科学大臣より認定を受けました。

職業実践専門課程とは


連携企業からの声


必要となる認可項目

  1. 就業年限2年以上
  2. 企業や団体と連携して授業科目開設や教育課程を編成
  3. 企業等と連携し実習・実技の授業を行っている
  4. 総授業時間数、1,700時間(又は62単位)以上
  5. 企業等と連携し教員研修を組織的に行っている
  6. 自己点検・自己評価の実施と公開
  7. 学校関係者評価の実施と公開
  8. 教育活動や学校運営状況の情報公開

認定されている専門学校の学科の特徴は?


専門学校 九州デザイナー学院は、今後も学内外からも高い評価をいただける学校として、質の高いカリキュラムを追求し、企業との連動をさらに図りながら優秀な人材の育成に努めて参ります。