片桐裕司先生彫刻セミナー☆トイデザイン学科

2018年11月08日

 

月曜日から水曜日までトップクリエイターとして活躍している片桐裕司先生による

学生向けの彫刻セミナーが開催されました!

 

片桐先生は「パシフィック・リム」「パイレーツオブカリビアン生命の泉」「エイリアン対プレデター」など

数々の人気作品に参加し、様々な映画のキャラクターを制作されており、

また映画監督としても活動をされています。

その中で、東京・大阪・名古屋・福岡等でセミナーを開催し、

技術面だけではなく精神面からも指導をしてくださっています。

 

さて5日(月)からは学生セミナー開始。

セミナー1日目はまずなんの説明もなく胸像の制作を開始。(制限時間は30分)

いきなり言われて作れるものなのかな‥?と不安に思っていましたが

そこはトイデザイン学科。ちょっと戸惑いつつも、胸像が出来上がっていきました。

 

 

その後は制作した胸像を撮影した後に壊し、片桐先生によるレクチャーとデモンストレーション。

 

 

知識を取り込み、トップクリエイターが制作するところを見て学び、

自分が制作しようとしているもののポーズスケッチを何度も重ね、制作するもののイメージを膨らませました。

その後に制作した胸像は最初に制作したものよりとても良くなっていましたよ!

 

 

2日目は目や鼻、口などのパーツの説明からスタート。

目がどんな風についているのか、まぶたはどんな動きをするのか、

鼻の骨がどうなっているのかなどを学び、再び制作へ。

 

 

そして最終日3日目。

3日目は頑張るぞ!の気合い入れからスタートし、表情の作り方デモンストレーション!

表情のリクエストは学生から。

右側がプリンを勝手に食べられて叫ぶ表情、

 

 

左側がサプライズでプリンをプレゼントされ驚く表情。

 

まさかのリクエスト内容で、学生からも先生からも思わず笑みがこぼれました(笑)

 

 

筋肉の動きによる表情の変化などの説明があり、本日のデモンストレーション終了。

残り時間は自身の作品に打ち込みました。

 

昨年も片桐先生のセミナーを受講している2年生はさすがといったところですが

1年生も負けじととてもクオリティが高いです!

今回のレクチャーやデモンストレーションでは髪の毛や洋服のことにまでは

触れられていなかったのですが、そこもしっかりとつくりこんでいます!

 

 

懇親会では現在製作中のものに対してアドバイスをいただいたり

片桐先生にサインをもらったりと、和気藹々とした雰囲気でした。

 

 

3日間1つの作品にこれほどまでに打ち込むということはなかなかない機会だと思いますが、

濃密な3日間を過ごししっかりと学ぶことができたのではないかと思います。

この学びを今後の制作に活かしていきましょうね。

 

改めまして、片桐先生、スタッフの神吉さん、

貴重な時間と学びを学生のためにありがとうございました!

記事一覧に戻る